本文へジャンプ

日本クラウディアについて

 >   >  技術開発・研究体制について

技術開発・研究体制について

日本で唯一の不正クリック対策ツールの開発に、なくてはならない存在だったのが、インターネット先進国・韓国のソフトウェア開発企業、LOG(ログ)社です。
日本クラウディアの開発・研究には欠かせないパートナーをご紹介いたします。

日本クラウディアの技術提携会社のご紹介

「技術提携先企業株式会社ログとは」
2006年に生まれた株式会社ログは、代表の「地元の街を大きくしたい」という思いから韓国第三の都市である大邱(テグ)に本社を構えています。
誕生以来インターネットサービスを開発、提供しており、X-logの元となっている製品も、韓国では3000以上の企業が利用しています。

office1
office2
office3
社名:株式会社ログ
所在地:大韓民国 大邱広域市 達西区
事業内容:ソフトウエア開発及び販売

株式会社ログの入居するビルは「大邱融合R&Dセンター」といい、研究施設と開発技術をあわせ持つ企業だけが入居することが出来る施設です。

株式会社ログの特徴は?

思いがけないアイデアをインターネット上で実現してしまう会社です。
どの会社がどれだけ広告を出しているのか一覧で確認できるツール(誤差5%以内)や、サイトに来ず、またログインすらし無くても、一般の顧客と企業がチャットでコミュニケーションできるツールなど、ログ社が新しい製品を開発するたびに、そんなことが実現できるなんて!とびっくりします。
数々の賞を受賞することからも分かるように、韓国国内でも様々な機関から認められている企業です。


株式会社ログの受賞暦

株式会社ログは、アクセス解析やその周辺技術について、韓国内特許、海外特許をあわせると40以上の特許を取得しており、2008年には韓国ITアワード国務総理賞(大統領賞に次いで2番目)を受賞するなど研究及び技術開発の分野で数々の賞を受賞しています。

2010年

模範中小企業賞 技術革新部門受賞
大邱特許スター企業選定

中小企業庁大邱慶北地区
大邱商工会議所知識財産センター

2009年

韓国ITアワード国務総理賞受賞
INNO-BIZ認証
中小企業庁輸出有望中小企業指定
韓国情報通信技術協会Good Software認証
新ソフトウエア商品大賞 知識経済部長官賞

韓国放送通信委員会
中小企業庁
中小企業庁
韓国情報通信技術協会
未来創造科学部(政府機関)

2008年

KT ベンチャーアワード優秀賞受賞
海外技術輸出マーケティング支援事業に選定
米国SBIR進出支援事業選定
チャン・ヨンシル賞受賞


韓国技術取引所
(財)グローバルネットワーク
韓国産業技術振興院

2009年 第4回韓国インターネットアワード国務総理賞 授賞式
2009年 第4回韓国インターネットアワード国務総理賞 授賞式

2009年 第4回韓国インターネットアワード国務総理賞 授賞式

株式会社ログとの技術開発・研究体制について

韓国と日本、国が違う為に不正クリックの現状も様々です。株式会社ログと日本クラウディアは、日々情報交換をしながら新しい不正手法とその対策を研究しています。

開発研究体制1 2社を繋ぐ専用のIP電話が複数あり、トップや役員、技術者、それぞれのレベルで情報交換や新機能の実現方法などを日々打ち合わせています。


開発研究体制2 2~3か月に1回は、実際に会い、今後の大きな方針を話し合います。




※ 弊社がご提供している「X-log」は、株式会社日本クラウディアのソリューションです。